終わらない夢を描こう

好きなものを、好きなだけ。

はじまりのうた



この度、ブログを始めることになりました。私自身、Twitterで新しいアカウントを作成したことにより、廉くんを応援したい気持ちが加速したこと、そして何より、自分の見たことや感じたこと、思ったことをちゃんと形で残しておく場が欲しいと思うようになったので、今回はてなブログを始めることにしました。

わたしの今までのブログ遍歴を見ると(思い出すと?)、本当に三日坊主…続いても三ヶ月くらいが良いところなので、今回はゆるゆると自分の思ったことを、残したいと思った時に書き綴るようなブログにしたいと思っております。

まず初回の今回は、わたしのこれまでの担当遍歴について書き留めておきたいと思います。わたしが本格的にジャニーズに興味を持ったのは小学生の頃、嵐さんがきっかけです。ちょうどその頃、嵐さんは個人でコンサートをやったり、映画に出演したり、初のアジアでのコンサートを成功させたり…と、たくさん活躍されてた時期でした。その後、嵐さんは大ブレークされて、毎日学校の休み時間はいつも嵐の話題で持ちきり…なんてこともありました。今の小中学校もこんな感じなんですかね…?もしかして、今はJSB??(使ってみたかっただけです)

嵐さんを好きになって、テレビを見て雑誌を読むようになりました。…はい、所謂アイドル雑誌です(笑)その中でわたしはJr.内のグループ、Kis-My-Ft2を知ります。最初は、何この人たち…怖い…という感情しか抱かなかったのですが、毎月雑誌で見かける度に何となく記事を見るようになり、テレビを追いかけるようになり…。初めて少クラでキスマイのパフォーマンスを見たときの衝撃は今でも忘れません。金髪に近い髪色、ボリューム満点の髪型、着崩された衣装、圧倒的な”魅せる”力、、、気付いた時にはもうキスマイのファンになっていました(笑)そこからは、中学三年までデビュー組の嵐さんとJr.のキスマイの両方を応援することになります。

そして、2011年。キスマイのCDデビューが決まった時の喜びは、今でもはっきりと覚えています。デビュー前日に初めてキスマイのCDを手に取った時のワクワク感やドキドキ感。あの時感じた、たくさんの気持ちは、これから先も絶対に忘れることはないと思います。

キスマイがデビューして、わたしはもうJr.を応援することはないんだろうなあと思っていたら、人生そう上手くはいきません。2013年、BBJで再びJr.の沼にはまります。出演者、主題歌、あの雰囲気、あのメンバー、、、その全てに魅せられてわたしは今でもBBJ大好きおたくです。そして、わたしは再び少クラで美勇人くんに、美勇人くんのダンスにやられるわけです(本当に少クラさんはJr.担の登竜門ですね。頭が上がりません…)。

そこからは、本当にずるずるとJr.の沼にはまってゆき、今のように本格的に追いかけていくようになります。ここから本題に移ります(前置きが異様に長くてごめんなさい)。

わたしが廉くんのことを初めて認識したのは、廉くんが信長のシェフに出演した時です。その時は”ああこの子が噂の永瀬くんか”くらいにしか思わなくて。でもそれから一年も経たないうちに、本当にありとあらゆる場面で廉くんを、紫耀くんを見かけることが多くなって。Twitterでもちょくちょく申し上げている通り、わたしはシンメ大好き人間なので、二人が気になり始めました。それから、雑誌を見たり、テレビを見たりするようになります。この時は、まだ大丈夫だった。関西にはこんな子たちがいるんだ、かっこいいな~程度でした。でも、二人が東京でもお仕事をするようになってから、廉くんがなぜか気になる、そんな存在になっていきました。Twitterでも、デビュー組の情報を得て、自分からも発信する一方で、キンプリやキングの情報も少しずつ、お気に入りに登録したり、画像を保存したりするようになりました。

わたしがTwitterで今のアカウントを作成しようと思ったきっかけの一つは、今年のサマステです。ストトラ廉くん公演で見た廉くんがあまりにもキラキラしていて、もっと廉くんのこと知りたい、廉くんのことちゃんと応援したいって思うようになったからです。そしてもう一つ。デビュー組関連を呟く目的で作成したアカウントで、Jr.関連のツイートの比率がものすごく高くなってきたからです。当然のことながらフォロワーさんもデビュー組担当の方ばかりで、その中でJr.関連のツイートを堂々とリツイートするのは、わたしにとっては少し勇気がいることで。そのようなことが重なって、今のアカウントを作成するに至りました。

ここまで読むと、無事廉くんに降りられて良かったね、めでたしめでたし!と思われる方が大半だと思います。でも、今回書きたかったのは、そういうことではなくて。

多分、わたしの中には、担当を降りるという概念が根本的に無いんだと思います。でもだからと言って、”わたしは嵐の中の◯◯くん担、キスマイの中の◯◯くん担”と名乗るつもりはきっとなくて。誰かに、担当は?と聞かれたら、Mr.KINGの永瀬くんですって答えます。嵐さんやキスマイに、ちゃんとそれぞれ好きなメンバーはいるし、コンサートに行ったら、その好きなメンバーのうちわを持ちます。でもそれ以上に嵐さんやキスマイっていう、そのグループが好きで、応援したい、ずっと見ていたいという気持ちがあって。だから、まだまだ友達から”◯◯好きなの?”と聞かれたら、好きだよ、と答えます。…とまあ、わたしの”好き”とか”ファン”の基準ってすごく曖昧で、何とも矛盾しているなあ、と自分でも思います…笑

そして、あと一つ申し上げると、わたしには、ただ単にその担当を降りる”理由”がないんだと思います。正直、担当を降りることに明確な線引きはないし、何をしたら、何をしなくなったら担当を降りたことになるのかわたしにもよく分かりません。だから、わたしの今までの一連の流れを見ると、あなたはもう嵐やキスマイは担降りしているよ、と思われる方もいらっしゃるのかもしれません。それでもいいんです。わたしは、わたしの中で嵐さんが、キスマイが、Jr.が、そして廉くんが好きだって分かっているから。わたしはきっと、これからもずっとこんな感じで、全てにおいてゆるゆると、でも熱が冷めることもなく応援していくんだと思います。

きっと、このブログを読まれて、お前ただのDDだろって思われた方もいらっしゃると思います。もし嫌でしたら、フォロー外していただいて構いません。わたしは、これからも自分らしく、廉くんのこと、そしてKINGのこと応援していこうと思っています。

そして、簡潔にまとめるつもりがこんなにもダラダラと自分の思いだけを書き綴ってしまい、すみませんでした!ここまで読んで頂き、本当にありがとうございます。これからもお手隙の際に”こいつ何か言ってるな〜”程度にお目を通していただけると幸いです。よろしくお願いいたします。