終わらない夢を描こう

好きなものを、好きなだけ。

僕の台所事情と恋愛事情



タイトルでお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、今回はアイドルと恋愛について書いていきたいと思います。(実はこの内容でブログ書くときは絶対にこのタイトルにしようと決めていました笑)

(無理だとは思いますが)今回こそ、さくっとまとめていきます。過激なことを書くつもりは全くございませんが、もし嫌な方がいらっしゃいましたら、すみませんがお引き返しください。


まず最初に、皆さんは、アイドル”の”恋愛についてどう思いますか?わたしは「恋愛はしてもいい、けど恋愛をするなら隠し通せ」という何ともありがち派です。でもこれにはきちんと理由があって。

今ここに、わたしが応援しているアイドル(例えば◯◯くんとします)がいるとします。わたしが好きなのはアイドルをしている◯◯くんなんです。まあ、普通に学校に通っている姿や街中を歩いている姿を想像して、かっこいい…!かわいい…!ってなったりもしますが、あくまでも”アイドルでいる”◯◯くんが大前提です。彼女がいる、ましてやそれが表沙汰になるような◯◯くんが好きなわけではなくて、わたしはそんな◯◯くんにお金を落としたいわけではありません(かなりシビアな言い方ですが、お許しください)。


ちなみに若干話は逸れますが、SNSについてもわたしは同じような考えをもっています。自分と年の変わらない、同世代の(しかもあんなにキラキラしている)子たちがSNS等、一切やっていないなんてわたしは思っていません(勿論、そういうのに全く手をつけていない子もいると思いますが)。

でも。そういうのをやるのならやるで、徹底的に表に出さないようにしてほしい。それは、写真に限らず、誰々をフォローしていたとか、誰々と親しくコメントを交わしていたとかなども全部含めてです。

だって、アイドルって夢を見させる職業じゃないですか。現実だけど、非現実的。非現実的だけど、現実ー。そんなふわふわしているけど確固たる場所に彼らはいるんでしょう?だったら、限界までファンに夢を見させてください、と思いますし、何より彼らにとってアイドルは職業です。遊びでもなければ、部活でもありません(そのように”楽しい”と感じることに対して全く否定するつもりはないのですが、楽しいという感情だけで、本質がおざなりになっていると”おっと…?”となってしまいます)。

労働に限らず、人に頼まれたことやお願いされたことなども含めて、仕事をする上で、必ず責任は付きまといます。それは、どこの場所、どこの社会においても一緒です。わたしは、アイドルにとっての責任は、自分を応援しているファンのこと、その他大勢の人たちを裏切らないことにあると思います。これって、簡単そうに見えて、実はすごく難しいんですよね、きっと。でも、だからこそ、自分の大好きな人たちには、これができるようになってほしい。そうしたら、拓ける道も何かあるかもしれないですしね。





ここまで来ると、ある一つの疑問が思い浮かびます。

「それってアイドル”に”恋(愛)しているんじゃないの?」



…痛いところを突かれました。この問題は、オタクをやっている上で切っても切り離せない問題なんだと思います。


うーん。










うーーーん。




正直わたしにも分かりません(結局)。

けど、言い訳がましいかもしれませんが、わたしはアイドルに対して恋愛的な”好き”という気持ちを抱いたことはないと思っています。今まで自分がアイドルに抱いてきた感情の大部分はきっと、”憧れ”でできていて。素敵だなあ、かっこいいなあ、そんな感情で終わってしまいます。年下のアイドルを好きになった今は、うちの子すごいでしょ!最高なんだよ!と、何ともまあ親目線な、本人からしたら確実に嫌がられるであろう感情を抱いております…笑

でもきっと、大好きな人が結婚しますとかってなったらその時は、やっぱり悲しくなるんだろうなあ、とは思います。うーん。何というか、みんなのアイドルの◯◯くんが誰か特定の人の◯◯くん(しかも公認)になるという事実が、ちょっと切ないというか、そんな感じです。

ここまで考えると、結局わたしは、アイドルという”存在”に恋してるのではないのかなと最近思うようになってきました。だから、わたしはきっと大好きな人に完璧(もしくはそれに近いもの)を求めてしまうし、高いプロ意識を期待してしまっているのだと思います。アイドルで”いる”君が一番好きだから。

まあ、そう考えると、わたしが小学生からずっとジャニオタを卒業できていないのにも納得がいきますね(違う)。この前友達(notオタ)に話していたのですが、わたしはジャニーズのエンターテイメント性が好きなんです。コンサートや番組における演出や衣装、歌やダンス、はたまたバラエティー的な一面。どれだけ見ても目が飽きません。そして何よりコンサートやテレビを通して、自分の大好きな人が歌って、踊って、笑っている、そんな瞬間をこの目で見れることが何よりも幸せです。


そんな感じでお送りしてまいりました、今回。最初に言った通り、今回はわりとさくっとまとめられた気がします…!が、まだまだ長いのかな?笑 今回もお付き合いいただき、ありがとうございました!