終わらない夢を描こう

好きなものを、好きなだけ。

笑顔の花束を君に贈ろう

 

 

永瀬廉くん、19歳のお誕生日おめでとうございます。


私が初めて廉くんの存在を知った時、廉くんはまだ中学生だったなあとふと思い返しています。まだあどけなさが残る顔でまだ声変わりもしていない高い声で、勢いよく関西弁を喋っていた姿をぼんやりと覚えています。


その廉くんももう19歳。去年の1月に誕生花の話を出して、廉くんのお誕生日をお祝いしたのが昨日のことのように感じます。

 

 


この1年は色々なことがあったなあ。


ジャニーズJr.祭りで、春から大学生になるよって廉くんの口から直接聞くことができて。「仕事も勉強も両立させて頑張りたい」って言った廉くんのことが本当に誇らしくなった!


3年連続で任せてもらえた夏祭りのサポーターと、EXシアターでのコンサートでは、年下の子たちを引っ張るお兄ちゃんとしてかっこいい姿をたくさん見せてくれた。ハイBの前でずっと良いお兄ちゃんでいようとする廉くん、すごく頼もしかった!


初めてJr.だけに任せてもらえた帝国劇場での舞台。完璧な舞台を求める紫耀くんの横で、周りのJr.の声を受け止めながらそれでも紫耀くんに寄り添おうとする廉くんの姿がそこには描かれていて、色々と考えさせられた舞台だったなあ。


9月の舞台が終わってすぐに始まったMr.KINGだけの単独公演。紫耀くんとかいちゃんと一緒に楽しそうにケラケラ笑う廉くんがすごく印象的だった!夏とはまた違った廉くんを見ることができて印象的だったなあ。


夏から秋にかけては、雑誌だったりテレビでの演技のお仕事だったり、ずっと夢に見ていた廉くんの単独でのお仕事が少しずつ叶っていって本当に嬉しかった!


そして、冬の帝国劇場での舞台。廉くんを応援している方々が口を揃えて「廉くん本当に頑張ってた…!」とおっしゃるので、わたしもずっと楽しみにしていたけど、本当にすごかった…!

 


ダンスが得意な人や上手な人がたくさんいる中で、あそこまで振りを完成させるのにはやっぱりたくさんの練習をこなしていると思うし、+αの努力もあっての結果なんだろうなあと思います。


ダンスが得意な人たちの中にいたら、廉くんにとってダンスはあまり得意ではない分野に入ってしまうのかもしれないけど、それでもそのギャップを埋めるための努力がきちんとできるのがアイドルの廉くんなんだろうなあと改めて感じました。

 

 


そして、舞台期間中に発表されたCDデビュー決定のお知らせ。
デビューが決まってから廉くんの今までのインタビューや発言を頭の中で振り返ってみたけれど、その言葉の数々と今回の"最初、デビューはまだ早いんじゃないかと思った"という言葉はどこか重なる部分もあって。


私自身、心のどこかでデビューに関してはまだ先のことだろうと思っていたので、廉くんが素直に思っていたことをこのタイミングで知ることができて良かったなあと思ったのと同時に、どこか安心感を覚えてしまった自分もいました。


廉くんが本当に思っていることなんて本人にしか分からないけど、これから先の何十年後の未来もずっとアイドルでいるためには、まだまだ土台を固める必要があると思っていたのかなあとぼんやりと感じました。

 

 


一見すると、お喋りさんでちょっとイマドキな男の子の廉くんだけど、その根っこの部分には昔から変わらない真面目さや意外と現実的で慎重派な部分もあって。そんな慎重派な廉くんが、改めて気持ちを一つにしてデビューしたいと思った居場所だったのなら、私はやっぱりこれからも廉くんのことを応援し続けたいなと思います。


びっくりするくらい真っ直ぐで、素直で、自分がお世話になった人や場所にはきちんと感謝の気持ちを伝えられる。何かできないことや苦手なことがあったら、それを補えるくらいの努力ができる。そんな廉くんが大好きです。

 


まだまだ分からないことだらけだし、これから先、廉くんや廉くんの居場所がどう変化していくのか楽しみでもあり、少しだけ不安でもあり。


でも廉くんの「たくさんの意見があると思いますが、皆さんに認めてもらえるように、いっぱい努力してもっと上にいけるように頑張っていこうと思います」という言葉が今の全てだと思うから。これからも廉くんが、廉くんの居場所でメンバーのみんなと頑張る姿を応援していけたらいいなと思います。

 


この一年が廉くんにとって、笑顔溢れる幸せな一年になりますように。


最後になりましたが、19歳のお誕生日おめでとうございます。そして、CDデビューの決定、本当におめでとうございます。

 

 

 

2018.01.23