終わらない夢を描こう

好きなものを、好きなだけ。

ありったけの想いを込めて

 

 

 

初めて見た廉くんは、まだ関西ジャニーズJr.として、みんなの可愛い弟分のような感じで周囲からたくさん弄られて、たっくさんの愛情をもらって、本当に楽しそうに笑う中学生の男の子でした。


それから色々なご縁があって、廉くんを応援するようになり、自分のなかで廉くんという存在が日に日に大きくなっていきました。


Twitterという便利なツールに、自分自身今が比較的自由に動ける学生であるということもプラスされて、すごく楽しく廉くんやMr.KINGの3人を応援できていたなあと思うし、逆に今じゃなかったらわたしは廉くんのことをこんなに熱量を持って応援できていなかったんだろうなあとも思います。


それはきっと向こう側も同じで。

関西ジャニーズJr.の新星として、ひたすらいじられて、たくさんの愛情を受けて大きくなった中学生時代がなかったら。

大阪と東京を行き来しながら、新しい場所で優しくて大好きな相棒と、自分よりもっと後輩で少し甘えん坊な弟と一緒に駆け抜けた高校生時代がなかったら。

誰かの前に立つことだけではなくて、新たに下の世代のお手本となって周りを引っ張っていくこと、Jr.の顔として頑張らなくてはと自覚した瞬間がなかったら。

今ここにいたのは廉くんではない他の誰かだった可能性もあって。今起こっているのは、すごいたくさんの偶然が重なった奇跡なんだなあとつくづく思います。

 


紫耀くんと海人くんのことが大好きな廉くんが本当に大好きだった!廉くんがだんだんとMr.KINGというグループに愛着をもっていくようになったのもわかったし、廉くんの口からMr.KINGというグループ名が発せられるのも今思えばずっと嬉しかったんだろうなあと思う。


デビューが決まってから、自分も頭の中がぐるぐるとしてしまったり、色々考えたりしてしまったりすることもあって。でもそんなぐるぐるも、日に日に他の5人と楽しそうに笑っていく廉くんを見たら吹っ飛んでいきました。


これからずっと、ずーっと続いていくであろう長い道のりを一緒に歩いていくメンバーとして、紫耀くんと海人くんがいてくれて本当に良かったなあ。KINGの中では、真ん中っ子としてツッコミもまとめ役もせっせと頑張っていた廉くんだけど、岸くん、玄樹くん、神宮寺くんと一気にお兄ちゃんが3人もできて、これからどんな新しい廉くんを見ることができるんだろうと楽しみな気持ちでいっぱいです。


そして、ジャニーズJr.最後に、初主演映画のお仕事が決まったことを聞くことができて、本当に本当に嬉しかった!初主演映画は、Jr.時代を並々ならぬ努力と誰にも負けない真っ直ぐな気持ちで築き上げてきた廉くんへの最後の大きなプレゼントになったのかなあとか、これから始まる長い道のりの大事なスタート部分になったら良いなあなどと勝手に思ってしまいました。

 


廉くん、ここまでずっとアイドルでいてくれてありがとう。いくつもの分岐点で常にアイドルという道を選んで、進んでくれてありがとう。抱えきれないくらいたくさんの思い出と大好きの気持ちをありがとう。


これからも夢を追って前に、上に、進んでいくその背中をずっと応援させて下さい。King & Princeの皆さん、CDデビューおめでとうございます。そして、Mr.KING / ジャニーズJr.の永瀬廉くん、本当にお疲れさまでした。

 

f:id:rurulyu7:20180522183427j:image


2018.05.22